焼き印と刻印に関するFAQ

 
 
 
 
 
 
Q、焼印と刻印は共用できますか?

Q、焼き印の線の細さは何ミリぐらいまで細くできますか?

Q、焼き印の大きさはどのくらいまで出来ますか?

Q、刻印と焼き印の違いを教えてください

Q、プラスチックに焼き印出来ますか?

Q、刻印の線の細さは何ミリぐらいまで細く出来ますか?

Q、コントローラーは必要ですか?

Q、印が欠けたり潰れたら修理は出来ますか?

Q、電気ごての修理は出来ますか?

Q、デザインからお願いできますか?

Q、曲がりのコテとストレートのコテの用途を知りたい。

Q、何種類か頼みたいが、それぞれに電気ごては必要ですか?

Q、納期はどのくらいですか?

Q、使いやすい良い焼印の見分け方を教えてください。

Q、焼き印の材質は何ですか?

Q、刻印の材質は何ですか?

Q、指輪の内側に打つ刻印は出来ますか?


Q, 檜の球に焼き印を押すことは出来ますか?

Q, 1つの焼き印で食品と木に併用できますか?
 

株式会社タイガー刻印製作所

Q、 1つの焼き印で食品と木に併用できますか?

A、焼き印を食品用で頻繁に常時使っていると、
食品かすや油などでどうしても劣化は避けられません、
劣化した印面で木に押すと綺麗な印字は出来なくなります。
また、食品用の場合は、印の表面に水蒸気逃げの細い溝を彫ります。
食品に押した場合はその溝は消えますが、
木に押す場合は溝が写ってしまいます。
木用に作る焼き印は彫りの深さが1.5mmで、食品用は2.4mmで彫ります。
木用に作った焼き印で柔らかい食品に押すと
底がついてしまうことがあります。
以上の理由で食品用と木用は分けて使った方が良いです。